自由診療で公に利用している例

自由診療で公に利用している例

正規の業者であるそしたら危険な医薬品を輸入させられるみたいなわけがなくなったので、その辺は安心ですけど、輸入は最後まで自分の責任で行うものでしょう。さらに、ワシントン条約で規制さている薬の輸入も禁止です。

医療において効果は認可さているものの、タイミング的に未認証、もしくは患者数から思って採算が取れないために国内販売しないのだというケースもあるようです。たとえると、ある国では乱用の規制のために一部の店舗で麻薬を販売することを許可しいるが、日本ではいかなるケースでも麻薬の販売は許可していない。

付け加えると薬物に関しましては、海外では合法的に販売されてるものでも日本に輸入禁止さているものは当然のことでありながら購入できない。日本では認められていない海外医薬品を自由診療で公に利用してる例もあるのです。

用いた業者が違法業者でない限りは、海外医薬品の利用に比較するトラブルを訴え出ることはできませんですのでは念頭におきましておくこと。変なトラブルを避けるためには、信頼出来る輸入業者を活用するということが重要でしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ